喪服レンタル 愛知県

どこで借りる?

愛知県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

愛知県では、名古屋市・豊橋市・田原市・岡崎市・額田郡・一宮市・安城市・豊川市・知多郡・半田市・刈谷市・東海市・津島市に喪服のレンタルできる店舗がありました。

 

と言っても1-2店舗ずつなので、県全体で考えてもかなり少ないです。

 

県全体で見ると貸衣装屋もいくつかあるのですが、ウェディング(婚礼)・成人式振袖・七五三関連の衣装レンタルばかりで、喪服を取り扱っているお店はかなり少ないようです。

 

その中でも和装の喪服は取り扱っているけれども洋装の取り扱いはなかったりもしますからね。

 

もしかしたら当サイトの調べきれていない貸衣装店があるかもしれませんが、きっと喪服のレンタル専門ではないのでサイズ・デザインも少ないでしょうし、安いわけではないと思います。

 

葬儀社が喪服のレンタルサービスをしていることもあるのですが、その場合はその葬儀社や斎場を利用した場合しかレンタルを利用できないことも多いですので、確認が必要ですよ。

 

ということで新潟県で喪服をレンタルする際には、喪服レンタルならネット通販の方が良いでしょう。

 

料金やレンタル方法なんかも気になるところですが、レンタル料金云々ではなく県全体でレンタルできるお店が少ないですからね・・・。

 

『礼服レンタル.com』

喪服レンタルなら、『礼服レンタル.com』がおすすめです。

 

礼服レンタル.com

 

男性用も女性用も大きいサイズ・小さいサイズがたくさんあり、授乳口付きの授乳OKデザイン、マタニティ用、単品、セットなど色々な喪服・礼服が揃っています。

 

何といっても、16時までの注文なら即日発送可能!愛知県だと翌日14時以降には到着するので、お急ぎの場合でも安心です。

 

返却の時はクリーニング不要で、同封されている着払い伝票で返却するだけでOK! コンビニからも発送できますし、集荷依頼をかければ自宅からも簡単に返却できますよ。

 

男性・女性ともに4,800円から3泊4日でレンタルする事が出来るので、かなり安いと思います。安いからといって質が悪い感じでもないので、安心ですね。

 

 

愛知県で喪服・礼服がレンタルできる店舗一覧

愛知県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

貸衣装店以外だと、葬儀屋さんでも喪服のレンタルサービスを行っている場合があります。

 

しかしその場合は葬儀屋に在庫があるのではなく、葬儀屋が提携している衣装やに頼んで・・・という感じになるので、値段は少々つり上げってしまいます。

 

しかもその葬儀社を利用した時しかレンタル喪服が利用できない可能性もあるので、確認が必要です。

 

もしかすると下記以外に、街の小さな貸衣装店や着物屋さんなどでブラックフォーマル・喪服などをレンタルできるかもしれませんが、当サイトが調べたところはこんな感じでした。

 

公式サイトに載っていて分かる範囲は紹介していますが、公式サイトに載っていないレンタル方法の詳細は直接店舗にお問い合わせください。

 

志翠(しすい)

JR高蔵寺駅から車で4分、上志段味交差点から西へすぐ、フォレストベルクリニックの向かいにある着物販売・レンタルのお店です。

 

こちらでは女性の和装喪服のレンタルが可能です。きもの・襦袢・帯締め・帯揚・小物・帯がセットでレンタル可能です。

 

料金は10000円ですよ。着付けの無料サービスもあるので安心です。

 

住所:愛知県名古屋市守山区上志段味羽根569
営業時間:10:00〜19:00 (水曜定休)
電話番号:052-736-0006
https://www.bienveil.com/niitsu/

 

まつうら

地下鉄名城線名城公園前2番出口より徒歩5分の場所にある着物販売・レンタルのお店です。

 

こちらでは男性用の礼服、女性の和装喪服・ブラックフォーマルのレンタルが可能です。

 

男性用の礼服は6000円、女性の和装喪服は喪服・黒共帯・長襦袢・帯〆・帯揚・草履・バッグ・着付け小物一式がセットになって12,000円、ブラックフォーマルはバッグとセットで6,000円になります。

 

礼服はダブルとシングルがあり、和装喪服は夏物・冬物・単衣があり、ブラックフォーマルは7号〜21号のサイズがあります。

 

住所:愛知県名古屋市北区柳原1-4-8
営業時間:9:00〜18:00 (水曜定休)
電話番号:052-915-5361
https://obebeya.jp/

 

錦屋

名東区よもぎ台と昭和区南山にある貸衣装店です。

 

こちらでは男性用の略礼服、女性の和装喪服・ブラックフォーマルのレンタルが可能です。

 

男性用略礼服は6000円、女性の和装喪服は喪服・名古屋帯・長襦袢・帯〆・帯揚・がセットになって10,000〜20000円、ブラックフォーマルは7,000〜8000円になります。

 

礼服はダブルとシングルがあり、和装喪服は夏物・冬物・単衣があり、ブラックフォーマルは7号〜21号のサイズがあります。

 

【南山店】
住所:愛知県名古屋市昭和区南山町20-17
営業時間:10:00〜16:00 (火・水・木曜定休)
電話番号:052-832-5071
https://obebeya.jp/

 

【名東本店】
住所:愛知県名古屋市名東区よもぎ台2-610
営業時間:9:30〜18:00 (火・水・木曜定休)
電話番号:052-777-2678
https://obebeya.jp/

 

まつうら

豊橋市東新町にある、創業40年以上になる貸衣装店です。

 

こちらでは女性の和装喪服のレンタルが可能です。

 

女性の和装喪服は、着物、長襦袢、帯、帯揚げ、帯締め、草履、バッグがセットになって8000円〜になっています。

 

住所:愛知県豊橋市東新町73-23
営業時間:-
電話番号:0532-55-8111
https://obebeya.jp/

 

一条ブライダルサロン

田原市の田原バイパス沿いにある婚礼衣装のレンタルやプロデュースを行っているお店です。

 

こちらでは女性の和装喪服のレンタルが可能です。

 

住所:愛知県田原市東赤石5丁目7番地
営業時間:10:00〜18:30 (毎週木曜・第2,3水曜 定休)
電話番号:0120-22-5116
https://obebeya.jp/

 

むらまつ

岡崎市の東公園の近くにある貸衣装店です。

 

こちらでは男性の礼服、女性の喪服のレンタルが可能です。

 

男性の礼服は6000円〜、女性の喪服は8000円〜になっています。

 

住所:愛知県岡崎市欠町字足延41−1
営業時間:9:30〜18:00 (火・水曜 定休)
電話番号:0564-26-3323

 

幸田町民会館

額田郡幸田町にある町民会館です。コンサートなどができるホールもありますが、貸衣装室もあります。

 

こちらでは女性の和装喪服のレンタルが可能です。長襦袢(半衿付き)・帯・帯締め・帯揚げがセットになって6200円〜になっています。

 

住所:愛知県額田郡幸田町大字大草字丸山60
営業時間:9:00〜17:00 (月曜 定休)
電話番号:0564-62-8202

 

田島衣裳店

一宮市多加木にある貸衣装店です。

 

こちらでは女性のブラックフォーマルのレンタルが、6000〜8000円で可能です。サイズは9〜13号、マタニティ用もあります。

 

住所:愛知県一宮市多加木2-21-13
営業時間:9:30〜18:00 (火曜 定休)
電話番号:0586-73-5900

 

カネマタ貸衣裳店

一宮市多加木にある貸衣装店です。

 

こちらでは男性のダブル略礼服、女性の和装喪服・ブラックフォーマルのレンタルが可能です。

 

男性のダブル略礼服は6000円〜、女性の和装喪服は10000円〜、ブラックフォーマルは8000円〜になります。

 

住所:愛知県一宮市多加木2-21-13
営業時間:9:30〜18:00 (火曜 定休)
電話番号:0586-73-5900

 

ラライクマン (いくまん呉服店)

知多郡東浦町にある呉服店です。

 

こちらでは男性のダブル略礼服、女性の和装喪服・ブラックフォーマルのレンタルが可能です。

 

男性のダブル略礼服は5000円、女性の和装喪服(帯・長襦袢・帯揚げ・帯止め付き)は8000円〜、ブラックフォーマルは5000円になります。

 

住所:愛知県知多郡東浦町大字生路字浜田16-1
営業時間:10:00〜19:00 (水曜 定休)
電話番号:0562-83-3202
http://ikuman.net/index.html

 

着物アートギャラリー 宴

大府市にある呉服店です。

 

こちらでは女性の和装喪服のレンタルが可能です。会員価格で8000円、一般価格で10000円になります。

 

住所:愛知県東海市大田町郷中197
営業時間:10:00〜16:00 (水曜 定休)
電話番号:0562-33-4072
http://www.murase-kimono.com/

 

ファーストウエディングカリヤ

婚礼貸衣裳から一般貸衣裳まで幅広く取り扱っている、刈谷市の貸衣装店です。

 

こちらでは喪服のレンタルができます。

 

住所:愛知県刈谷市一ツ木町4ー7ー11
営業時間:11:00〜19:00 (火曜 定休)
電話番号:0566-25-1152
http://www.murase-kimono.com/

 

toujours(トゥジュール)

津島市にある貸衣装サービスもあるフォトスタジオです。

 

こちらでは男性の略礼服のレンタルが可能です。料金は8000円になります。

 

住所:愛知県津島市今市場町4-14 ワタシン津島本店3F
営業時間:10:00〜19:00 (水曜 定休)
電話番号:0567-25-1544
http://www.murase-kimono.com/

 

織と染むらせ

大府市にある呉服店です。

 

こちらでは女性の和装喪服のレンタルが可能です。喪服・長襦袢・袋帯・白帯揚・白帯〆がセットになって11,000円になります。

 

着付けサービスもあるので安心です。

 

住所:愛知県大府市中央町4-332
営業時間:10:00〜19:00 (木曜 定休)
電話番号:0562-83-3202
http://www.murase-kimono.com/

 

オグリスタジオ

半田市にあるフォトスタジオで、衣裳レンタル・貸衣装もしています。

 

こちらでは男性のダブル礼服、女性の和装喪服・ブラックフォーマルのレンタルが可能です。

 

男性のダブル礼服は8000円〜12000円、女性の和装喪服は着物・長襦袢・帯・帯揚げ・帯〆2本・帯板・帯枕・腰紐4本・草履・バッグ付きで10000〜13000円、ブラックフォーマルは8000〜12000円になります。

 

サイズに関してはダブル礼服はウエスト70〜130センチで子供用もあり、女性の和装喪服はM.L.LL、ブラックフォーマルは7〜21号でマタニティ用もあります。

 

住所:愛知県半田市中町2-57
営業時間:9:30〜17:30 (木曜・第3水曜 定休)
電話番号:0586-73-5900

 

かねひろ

安城市にある貸衣装店です。

 

ブライダル・婚礼衣装のレンタルが中心ですが、女性の和装喪服のレンタルが可能です。

 

住所:愛知県安城市小堤町2-16
営業時間:9:00〜19:00 (火曜・第三水曜 定休)
電話番号:0566-76-2371
https://rental-kanehiro.jimdo.com/

 

まきやす

豊橋市、岡崎市、豊川市、イオンモール東浦にある貸衣装店です。

 

こちらでは男性用の略礼服(ダブル・シングル)、女性の和装喪服・ブラックフォーマルのレンタルが可能です。

 

女性の和装喪服は喪服・名古屋帯・長襦袢・帯〆・帯揚・草履がセットになっています。

 

【豊橋店】
住所:愛知県豊橋市曲尺手町145
営業時間:10:00〜18:00
電話番号:0532-52-8484
https://www.makiyasu.com/

 

【岡崎店】
住所:愛知県岡崎市六名本町2-23
営業時間:10:00〜18:00 (火曜定休)
電話番号:0564-58-3131
https://www.makiyasu.com/

 

【豊川店】
住所:愛知県豊川市若宮町48番地30
営業時間:10:00〜18:00 (火曜・第1水曜定休)
電話番号:0533-86-1200
https://www.makiyasu.com/

 

【エムズシェリー東浦店】
住所:愛知県知多郡東浦町緒川旭6-2
営業時間:10:00〜19:00 (火曜定休)
電話番号:0562-84-3444
https://www.makiyasu.com/

愛知県ならではの通夜・葬儀の際の風習

「お淋し見舞い(おさみしみまい)」

「お淋し見舞い(おさみしみまい)」とは、お通夜の際に遺族へ持っていくお菓子やお酒のことです。

 

他県でもこのようにお通夜にお供え物を持っていく地域もありますが、その場合はお供え物は故人に対して持っていくものになります。

 

しかしお淋し見舞いは、遺族に対して持っていくものになります。ちなみにお淋し見舞いは香典とは別物になります。

 

涙汁

尾張地方では、精進落としの会食で近親者が「出立ちの膳(でだちのぜん)」を食べる風習があります。

 

これは精進料理で、その中には涙汁と呼ばれる非常に辛い胡椒汁・唐辛子汁があります。

 

涙汁には、「辛い汁物を飲み故人のために涙を流す」という意味と、「辛さでお葬式の疲れをとる」という2つの意味があるそうです。

 

わらを燃やす

知多半島の一部地域では、自宅から出棺する際にわらを燃やします。これは、もう故人がかえって来られないようにする意味があるそうです。

 

また、柩の下にござを敷いて出棺の時にそのござを木の棒や竹で叩くことこともあるそうです。

 

西三河地区では、通夜、葬儀ともに焼香鉢近くに100円玉を供えるそうです。これは、故人が三途の川を渡るときにお金がかかるだろうという想いから生まれたものだそうです。

page top