喪服・礼服レンタル 岩手県

岩手県はどこでレンタルできるのか?

岩手県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

岩手県では、北上市・一関市・奥州市に喪服のレンタルできる店舗がありました。と言っても1.2店舗ずつなので、県全体で考えても少ないです。

 

なぜか県庁所在地である盛岡市には全然見当たりませんでした・・・。

 

岩手県全体で見ると貸衣装屋もいくつかあるのですが、ウェディング(婚礼)・成人式振袖・七五三関連の衣装レンタルばかりで、喪服を取り扱っているお店は少ないようですね。

 

宮古市・大船渡市・花巻市・久慈市・遠野市・陸前高田市・釜石市・二戸市・八幡平市・その他町村では、喪服をレンタルできる店舗はありませんでした。

 

もしかしたら当サイトの調べきれていない貸衣装店があるかもしれませんが、きっと喪服のレンタル専門ではないのでサイズ・デザインも少ないでしょうし、安いわけではないと思います。

 

ということで岩手県で喪服をレンタルする際には、喪服レンタルならネット通販の方が良いでしょう。

 

料金やレンタル方法なんかも気になるところですが、レンタル料金云々ではなく県全体でレンタルできるお店が少ないですからね・・・。

 

『礼服レンタル.com』

喪服レンタルなら、『礼服レンタル.com』がおすすめです。

 

礼服レンタル.com

 

男性用も女性用も大きいサイズ・小さいサイズがたくさんあり、授乳口付きの授乳OKデザイン、マタニティ用、単品、セットなど色々な喪服・礼服が揃っています。

 

何といっても、16時までの注文なら即日発送可能!岩手県だと翌々日には到着するので、お急ぎの場合でも安心です。

 

返却の時はクリーニング不要で、同封されている着払い伝票で返却するだけでOK! コンビニからも発送できますし、集荷依頼をかければ自宅からも簡単に返却できますよ。

 

男性・女性ともに4,800円から3泊4日でレンタルする事が出来るので、かなり安いと思います。安いからといって質が悪い感じでもないので、安心ですね。

 

 

岩手県で喪服・礼服がレンタルできる店舗一覧

岩手県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

貸衣装店以外だと、葬儀屋さんでも喪服のレンタルサービスを行っている場合があります。

 

しかしその場合は葬儀屋に在庫があるのではなく、葬儀屋が提携している衣装やに頼んで・・・という感じになるので、値段は少々つり上げってしまいます。

 

しかもその葬儀社を利用した時しかレンタル喪服が利用できない可能性もあるので、確認が必要です。

 

もしかすると下記以外に、街の小さな貸衣装店や着物屋さんなどでブラックフォーマル・喪服などをレンタルできるかもしれませんが、当サイトが調べたところはこんな感じでした。

 

公式サイトに載っていて分かる範囲は紹介していますが、公式サイトに載っていないレンタル方法の詳細は直接店舗にお問い合わせください。

 

マルサカヤ

北上市にある貸衣装店です。ます。

 

こちらは婚礼衣装や成人式の振袖が中心ですが、喪服のレンタルも可能です。

 

住所: 岩手県北上市花園町2丁目4-32
営業時間:9:00〜18:00 (水曜定休)
電話番号:0197-63-5111
https://marusakaya.com/

 

ウェディングハウス・ムック

一関市にあるウェディングフォトや貸衣装などをしているお店です。

 

衣装レンタルは婚礼衣装だけでなく、喪服のレンタルもできます。喪服レンタル一式が7350円になります。

 

住所:岩手県一関市大町2−52
営業時間:9:30〜18:30
電話番号:0191-21-5070

 

いづみ美容室

一関市にある美容院ですが、貸衣装もしています。

 

こちらでは喪服が8000円〜でレンタルできます。

 

住所:岩手県一関市花泉町涌津二ノ町28-1
営業時間:9:00〜18:00 (月曜 定休)
電話番号:0191-82-4083
http://www.izumi-biyou.com/

 

サカツ

奥州市にある貸衣装店です。

 

こちらでは女性用の和装喪服が、着物・じゅばん・帯・帯揚・帯〆がセットで10,000円でレンタルできます。

 

住所:岩手県奥州市江刺川原町3-11
営業時間:9:30〜18:30
電話番号:0197-35-2645
https://townpage.goo.ne.jp/shopdetail.php?matomeid=033508524000000899

 

和の衣 さとう

北上市にある着物屋です。販売だけでなく、着物のレンタルもできます。

 

和装喪服のレンタルは30,000円〜になっています。

 

住所:岩手県北上市鍛冶町1丁目9-10
電話番号: 0197-64-0843
http://www.wanokoromo.com/

 

すがわら貸衣装店

一関市にある、創業50年になる貸衣装・衣裳レンタルショップです。一関市役所千厩支所通りにあります。

 

色々な衣装のレンタルをしていますが、喪服衣装のレンタルもしています。

 

住所:岩手県一関市千厩町千厩字北方7-3
営業時間:9:00〜18:00
電話番号:0191-52-4582
https://page.line.me/rental_shop

岩手県ならではの葬儀・通夜の風習・しきたり

前火葬

東北地方では前火葬が多いですが、岩手県では火葬を終えたら骨箱をもって自宅に戻り、その日の夜には通夜か仮通夜が行われます。

 

出棺は棺も遺族も玄関以外の場所から行われます。火葬場から帰ってきたら塩と水で清め、遺骨を祭壇に安置して葬儀を行います。

 

通夜は数回

岩手県の沿岸部一部地域では、お通夜が1回ではなく、亡くなってから葬儀までの間は毎晩供養を行います。

 

これらをすべて通夜とするので、1回だけではないということなのですね。

 

逮夜(たいや)

岩手県央部など一部地域では、通夜は火葬の前日に営みますが、通夜が終わった後でもう一度同様の儀式を行うことがあります。

 

これを逮夜(たいや)と呼びます。逮夜というのは、次の日におよぶ夜ということ。故人の冥福を祈って一晩中語り明かす意味があるそうです。

 

一般の参列者は招待者のみで、基本的には近親者のみで行うようになります。

 

100万円と書かれた紙を棺に入れる

全国的にみると棺の中にお金を入れる風習がある地域はありますが、岩手県は他の地域とは桁が違います。なんと100万円と書かれた紙を棺に入れます。

 

棺の中にお金を入れる風習は冥土で使用したり、三途の川を船で渡る際に船賃として支払うためのお金と言われています。

 

なので100万円となると高額な感じがしますね。個人があの世でお金に困らないように大きな金額にしているそうです。

page top