喪服レンタル 徳島県

徳島県に喪服レンタルできるお店3店舗のみ

徳島県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

私が調べたところだと、徳島県に喪服レンタルできるお店は3店舗だけしかありませんでした。

 

そのうち2店舗は同じお店なので、実質的には2つのお店しかないということですね。

 

徳島県内にはいくつか貸衣装店があるのですが、どこもウェディング・成人式振袖・七五三関連の衣装レンタルばかりになっていて、喪服を取り扱っているのは1店舗のみでした。

 

徳島で喪服をレンタルできると言っても、喪服のレンタル専門店ではないので特に料金が安いというわけではない感じですね。サイズも幅広くたくさんあるわけではないと思います。

 

料金やレンタル方法なんかも気になるところですが、そもそも徳島県にはレンタルできるお店が少ないので、徳島県で喪服レンタルならネット通販の方が良いでしょう。

 

鳴門市・阿南市・北島町 ・藍住町・吉野川市・阿波市・三好市・石井町・その他の町の方も近くに喪服レンタルできるお店がないので、ネット通販でレンタルするのが良いですよ。

 

『礼服レンタル.com』

喪服レンタルなら、『礼服レンタル.com』がおすすめです。

mofuku

 

男性用も女性用も大きいサイズ・小さいサイズがたくさんあり、授乳口付きの授乳OKデザイン、マタニティ用、単品、セットなど色々な喪服・礼服が揃っています。

 

何といっても、16時までの注文なら即日発送可能!徳島県だと翌日午前中には到着するので、お急ぎの場合でも安心です。

 

返却の時はクリーニング不要で、同封されている着払い伝票で返却するだけでOK! コンビニからも発送できますし、集荷依頼をかければ自宅からも簡単に返却できますよ。

 

男性・女性ともに4,800円から3泊4日でレンタルする事が出来るので、かなり安いと思います。安いからといって質が悪い感じでもないので、安心ですね。

 

≫公式サイトはこちら

 

徳島県で喪服・礼服がレンタルできる店舗一覧

徳島県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

葬儀社が喪服のレンタルサービスをしていることも多いのですが、その場合はその葬儀社や斎場を利用した場合しかレンタルを利用できないことも多いですので、確認が必要です。

 

その場合だと故人の親族向けのサービスになると思うので、一般の参列者は利用できないでしょうし。しかも葬儀社と貸衣装店が提携している形になるので、少し値段も高くなります。

 

もしかすると下記以外に、街の小さな貸衣装店や着物屋さんなどでブラックフォーマル・喪服などをレンタルできるかもしれませんが、私が調べたところはこんな感じでした。

 

公式サイトに載っていて分かる範囲は紹介していますが、公式サイトに載っていないレンタル方法の詳細は直接店舗にお問い合わせください。

 

ブライダルサロンにしうち

徳島市の福島小学校の西側にある貸衣装店です。

 

ブライダル貸衣装の他にもご列席者の留袖・モーニング、成人式(振袖・紋付き)、卒業式(女学生袴)、七五三、産着などを取り扱っています。

 

こちらでは男性用の略礼服が4,000円でレンタルできます。

 

住所:徳島県徳島市福島1-7-24
営業時間:9:00〜19:00  (火曜 定休)
電話番号:088-622-5522
http://www.kimonodokoro-kataoka.jp/

 

トータルレンタルWin

吉野川市と徳島市にある貸衣装店です。

 

こちらでは女性の和装喪服がレンタルできます。サイズはS、M、L、LLサイズがあります。

 

喪服・長襦袢・名古屋帯・帯〆・帯揚・ゾーリ・バッグ・着付小物一式がセットになっていて、夏用・冬用があります。

 

【鴨島本店】
住所:徳島県吉野川市鴨島町上浦223-1
営業時間:9:00〜19:00  (火曜 定休)
電話番号:0883-24-2231
https://www.rental-win.jp/

 

【徳島店】
住所:徳島県徳島市南昭和町4丁目92-116
営業時間:10:00〜19:00  (火曜 定休)
電話番号:088-623-8139
https://www.rental-win.jp/

徳島県ならではの葬式の習慣・風習

葬儀の際に初七日の法要もする

徳島県では、初七日の法要は葬儀当日に行うのが一般的です。

 

なのに初七日の法要が始まる前に「御香料」として、 仏前に御供えするようになります。

 

放生(ほうじょう)

徳島県の一部地域では、故人の子供や孫の手によって鳥を空に放したり、池や川に魚を逃がす、「放生」の風習も見られます。

 

これは、仏教儀式の「放生会(ほうじょうえ)」から派生したものと考えられ、捕らえられた生き物の命を助けることで、故人の功徳を積めると考えられています。

 

霊柩車と一緒に並んで歩く

徳島県の一部の地域では、霊柩車と並んで歩く風習があります。

 

出棺の際に故人を乗せた霊柩車が徐行運転をするので、その後を葬列を組んでしばらく歩くような感じです。

 

場合によっては、自宅の玄関や式場の出口から霊柩車まで、葬列を組んで歩く場合もあります。

 

葬儀の時にきつねうどんをふるまう

通夜の時に通夜振る舞いとして、故人と飲食を供する風習が全国的に見られます。この時、徳島県ではきつねうどんを出すことが定番なのです。

 

うどんといえば香川県が有名ですが、香川県ではこのような風習はありません。

 

なぜうどんなのかというと、遺族の負担にならないように手間がかからない料理にしようとして定着したようです。

 

page top