喪服レンタル 佐賀県

佐賀で喪服をレンタルできる店舗はかなり少ない!

佐賀県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

小さな佐賀県なのでそんなにお店はないよな・・・と期待はしていなかったのですが、思ったよりも少なかったです!

 

私が調べたところ、佐賀市・鹿島市・西松浦郡に喪服のレンタルサービスがありました。

 

振袖中心の貸衣装店に喪服がちょこっとあったり、葬儀社だったり、美容院だったり・・・という感じでした。

 

どちらにせよ喪服のレンタル専門ではないので、特にレンタル料金が安いというわけではない感じですね。

 

まあレンタル料金云々ではなくレンタルできるお店が少ないので、佐賀県で喪服レンタルならネット通販の方が良いでしょう!

 

『礼服レンタル.com』

喪服レンタルなら、『礼服レンタル.com』がおすすめです。

 

礼服レンタル.com

 

男性用も女性用も大きいサイズ・小さいサイズがたくさんあり、授乳口付きの授乳OKデザイン、マタニティ用、単品、セットなど色々な喪服・礼服が揃っています。

 

何といっても、16時までの注文なら即日発送可能!佐賀県だと翌日午前中には到着するので、お急ぎの場合でも安心です。

 

返却の時はクリーニング不要で、同封されている着払い伝票で返却するだけでOK! コンビニからも発送できますし、集荷依頼をかければ自宅からも簡単に返却できますよ。

 

男性・女性ともに4,800円から3泊4日でレンタルする事が出来るので、かなり安いと思います。安いからといって質が悪い感じでもないので、安心ですね。

 

 

佐賀県で喪服・礼服がレンタルできる店舗一覧

佐賀県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

貸衣装店意外だと、葬儀屋さんでも喪服のレンタルサービスを行っている場合があります。

 

しかしその場合は葬儀屋に在庫があるのではなく、葬儀屋が提携している衣装やに頼んで・・・という感じになるので、値段は少々つり上げってしまいます。

 

しかもその葬儀社を利用した時しかレンタル喪服が利用できない可能性もあるので、確認が必要です。

 

もしかすると下記以外に、街の小さな貸衣装店や着物屋さんなどでブラックフォーマル・喪服などをレンタルできるかもしれませんが、私が調べたところはこんな感じでした。

 

公式サイトに載っていて分かる範囲は紹介していますが、公式サイトに載っていないレンタル方法の詳細は直接店舗にお問い合わせください。

 

ひぜん

佐賀県佐賀市にある貸衣装のお店です。若楠小学校を北に行った方にあります。

 

公式サイトに詳しくは載っていないのですが、喪服がレンタルできるようです。

 

住所:佐賀県佐賀市若宮3丁目1-37
電話番号:0952-36-5780
http://pearl.area9.jp/

 

ひぜん

佐賀県鹿島市にある葬儀社です。婚礼衣装、中振袖、留袖、成人式用、七五三用、礼服、喪服、米寿・還暦用など様々な衣装を取り揃えている貸衣装サービスもあります。

 

女性の和装喪服・ブラックフォーマル、男性の略礼服がレンタル可能です。

 

和装喪服は着物・帯・帯揚・帯締・草履・バッグ・小物一式セットがセット・着付けサービス込みで\7,000、ブラックフォーマルは\6,000(7〜21号)、略礼服は\6,000になっています。

 

住所:佐賀県鹿島市大字高津原3955番地1
電話番号:0954-63-1192
http://hizen-cf.net/

 

ふじ美容室

佐賀県西松浦郡有田町にある美容室です。美容室ですが貸衣装サービスもあります。

 

女性の和装喪服、男性の略礼服がレンタル可能です。

 

和装喪服は着物・帯・帯揚・帯締・草履・バッグ・小物一式セットがセットみで9,000円〜、略礼服は5,000円〜になっています。

 

最長1週間まで同料金でレンタルできて、レンタルは即日対応可能です。

 

住所:佐賀県西松浦郡有田町蔵宿丙2765-17
電話番号:0955-46-3127
営業時間:9:00〜18:00

佐賀県ならではの葬式・通夜での習慣

49個の枕団子

佐賀県の一部地域では、故人の枕元に49個もの団子をお供えすることがあります。ちなみに全国的には6個なので、かなり多いのが分かりますね。

 

なぜ49かというと、という数字は「7週間ごとに審判を受け成仏する」という四十九日の旅の考え方からきています。

 

放生の儀式

佐賀県では「放生」と呼ばれる、 鳥を空に放って池や川に魚を逃がすなど風習があります。

 

仏教儀式の「放生会(ほうじょうえ)」から派生したといわれていて、捕らえられた生き物を逃がすことで故人の徳を積むという意味があるそうです。

 

柩を回して出棺

西日本各地で見られる風習でもありますが、佐賀県でも柩を回す風習があります。

 

「三度回し」「柩回し」と呼ばれるものであり、出棺の時に近親者で柩を3度回します。これによって故人の方向感覚を無くし、家に戻れないようにするためです。「迷うことなく冥土へ赴き、成仏してほしい」という意味合いがあるのですよ。

 

茶碗割りの儀式

出棺の際に遺族によって故人の茶碗を割る「茶碗割りの儀式」が行われる地域もあります。

 

「あなたが日常的に使用していた茶碗はもう無いので、迷わず成仏して下さい」という意味で、故人がこの世への未練を絶ちあの世へ行けるように・・・との願いが込められているそうです。

 

出立ちの膳

通夜の後に親族や親近者など参列者に、食べ物や飲み物が振る舞われることを「通夜振る舞い」といいます。全国的にある習慣です。

 

佐賀県では、「出立ちの膳(でたちのぜん)」と呼ばれる会食を身内のみで行います。 通夜振る舞いとは言わないのです。

page top