喪服レンタル 栃木県

レンタルできるお店は?

栃木県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

栃木県では、宇都宮市・佐野市・鹿沼市・足利市に喪服のレンタルできる店舗がありました。と言っても1店舗ずつなので、県全体で考えてもかなり少ないです。

 

栃木県全体で見ると貸衣装屋もいくつかあるのですが、ウェディング(婚礼)・成人式振袖・七五三関連の衣装レンタルばかりで、喪服を取り扱っているお店はかなり少ないようです。

 

栃木市・足利市・小山市・日光市・真岡市・大田原市・矢坂市・下野市・那須烏山市・その他町では、喪服をレンタルできる店舗はありませんでした。

 

もしかしたら当サイトの調べきれていない貸衣装店があるかもしれませんが、きっと喪服のレンタル専門ではないのでサイズ・デザインも少ないでしょうし、安いわけではないと思います。

 

ということで栃木県で喪服をレンタルする際には、喪服レンタルならネット通販の方が良いでしょう。

 

料金やレンタル方法なんかも気になるところですが、レンタル料金云々ではなく県全体でレンタルできるお店が少ないですからね・・・。

 

『礼服レンタル.com』

喪服レンタルなら、『礼服レンタル.com』がおすすめです。

 

礼服レンタル.com

 

男性用も女性用も大きいサイズ・小さいサイズがたくさんあり、授乳口付きの授乳OKデザイン、マタニティ用、単品、セットなど色々な喪服・礼服が揃っています。

 

何といっても、16時までの注文なら即日発送可能!栃木県だと翌々日には到着するので、お急ぎの場合でも安心です。

 

返却の時はクリーニング不要で、同封されている着払い伝票で返却するだけでOK! コンビニからも発送できますし、集荷依頼をかければ自宅からも簡単に返却できますよ。

 

男性・女性ともに4,800円から3泊4日でレンタルする事が出来るので、かなり安いと思います。安いからといって質が悪い感じでもないので、安心ですね。

 

 

栃木県で喪服・礼服がレンタルできる店舗一覧

栃木県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

貸衣装店以外だと、葬儀屋さんでも喪服のレンタルサービスを行っている場合があります。

 

しかしその場合は葬儀屋に在庫があるのではなく、葬儀屋が提携している衣装やに頼んで・・・という感じになるので、値段は少々つり上げってしまいます。

 

しかもその葬儀社を利用した時しかレンタル喪服が利用できない可能性もあるので、確認が必要です。

 

もしかすると下記以外に、街の小さな貸衣装店や着物屋さんなどでブラックフォーマル・喪服などをレンタルできるかもしれませんが、当サイトが調べたところはこんな感じでした。

 

公式サイトに載っていて分かる範囲は紹介していますが、公式サイトに載っていないレンタル方法の詳細は直接店舗にお問い合わせください。

 

アビート(abito)

宇都宮市にある写真館で、栃木県民共済指定衣装店でもあります。

 

男性用の礼服、女性用の和装喪服・ブラックフォーマルのレンタルができます。

 

男性用の礼服はY体〜E体があり10000円、女性用の和装喪服はL.LLサイズがあり12000〜18000円、ブラックフォーマルは7号〜19号サイズがあり8000円〜になります。

 

住所: 栃木県宇都宮市兵庫塚3-1-1
営業時間:10:00〜18:00 (火曜日定休) 
電話番号:028-655-0975
http://www.kaede-abito.com/

 

レンタルコスチューム いしかわ

佐野市にある貸衣装店です。

 

男性用の礼服、女性用の和装喪服・ブラックフォーマルのレンタルができます。

 

男性用の礼服は7000円〜、女性用の和装喪服は着物・袋帯・長襦袢・襟カラー・帯揚・帯〆・帯板帯枕・腰紐(4本)・伊達〆がセットで8000円、ブラックフォーマルは7号〜21号サイズ・マタニティ用があり7000円〜になっています。

 

住所: 栃木県佐野市堀米町127
営業時間:10:00〜19:00 (火曜日定休) 
電話番号:0283-21-8607
http://www.ishikawa-rental.com/

 

京屋

鹿沼市で衣裳・和装洋装小物のレンタル・写真撮影事業・出張着付などをしているお店です。

 

振袖や婚礼衣装中心ですが、喪服のレンタルも可能です。基本的には3日間(2泊3日)になっています。

 

喪服は即日貸し出しもOKですよ。

 

住所:栃木県鹿沼市銀座1-1875
営業時間:10:00〜18:00 (火曜日定休) 
電話番号:0289-64-1777
http://www.kashiisyou-kyoya.com/

 

美ゆき

足利市西砂原後町の総合運動公園西側にあるレンタル衣裳店です。

 

振袖や七五三の着物衣装中心ですが、男性用の礼服、女性用の和装喪服・ブラックフォーマルのレンタルができます。

 

男性用の礼服は9000円、女性用の和装喪服は10,800〜16,200円で着付けが無料、ブラックフォーマルはバッグ付きで7500円になっています。

 

和装喪服には、着物・帯・二部式襦袢・帯留・帯揚げ・衿芯・半襟・伊達〆・帯板・マジックベルト・コーリンベルト・帯枕・腰ひも4本・草履・バック・肌着・足袋がセットになっています。

 

住所:栃木県足利市西砂原後町1198-8
営業時間:10:00〜17:00  (木曜日定休) 
電話番号:0284-41-2429
https://miyukirentaru.jimdo.com/

栃木県ならではのお葬式の風習

七日ざらしの風習

故人の着物や来ていた衣服を、家の裏に北向きで干して水をかけて常に濡れた状態にしておく「七日ざらし」という風習があります。

 

神道の考え「死の穢れを清める」から生まれた風習です。

 

火葬場で水まわし

火葬場で柩が炉の中に入ったあと、遺族・親族が交替で水の入ったコップを炉の前に上げる「水まわし」をすることがあります。
故人が熱くてのどが渇くからという優しい思いやりから生まれた風習です。

 

納骨にぼたもち?

49日忌の旅の途中で故人が滑ってころばないようにと、納骨の時、わらじの間に「ぼたもち」をはさみ杖にぶらさげてお墓に立てる風習があります

 

「組念仏」や「百万遍」

栃木の一部地域では、「組」組織の強いところがあります。

 

そういった地域では、親族が一つの大きく長い数珠を手に持って念仏を唱えながら数珠を繰って横に回していくという「組念仏」や「百万遍」と呼ばれる儀式を行う風習があります。

 

20人で千回「南無阿弥陀仏」と唱えると、2万回お経を唱えたと同じということで、あの世へ旅立つ故人へのはなむけになるそうです。

 

白いものを食べる

納棺の際や精進落としの際に、豆腐が出されます。

 

白いものを食べる=お清めになるという考えからきた風習で、豆腐ではなくうどんを食べる地域もあるようです。

 

この時豆腐の切り方は真四角にするので、日常で豆腐を食べる時に真四角に切るのはよくないとされているそうです。

page top