喪服レンタル 鳥取県

喪服レンタルできる店舗が少ない

鳥取県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

鳥取県では、鳥取市・米子市・倉吉市に喪服のレンタルできる店舗がありました。と言っても1店舗ずつなので県全体で考えてもかなり少ないですね。

 

鳥取県内には貸衣装店がいくつもあるのですが、どこもウェディング・成人式振袖・七五三関連の衣装レンタルばかりで、喪服だけでなく男性の礼服(葬式用のスーツ)のレンタルを取り扱っているお店もかな〜り少ないですね。

 

振袖中心の貸衣装店に喪服がちょこっとあったり、写真スタジオで貸衣装サービスも少ししていたり・・・という感じが多かったです。

 

どちらにせよ喪服のレンタル専門ではないので、特にレンタル料金が安いというわけではない感じですね。

 

葬儀社が喪服のレンタルサービスをしていることも多いのですが、その場合はその葬儀社や斎場を利用した場合しかレンタルを利用できないことも多いですので、確認が必要です。

 

その場合だと故人の親族向けのサービスになると思うので、一般の参列者は利用できないでしょうし。しかも葬儀社と貸衣装店が提携している形になるので、少し値段も高くなります。

 

料金やレンタル方法なんかも気になるところですが、レンタル料金云々ではなく県全体でレンタルできるお店が少ないので、喪服レンタルならネット通販の方が良いでしょう。

 

 

『礼服レンタル.com』

喪服レンタルなら、『礼服レンタル.com』がおすすめです。

mofuku

 

男性用も女性用も大きいサイズ・小さいサイズがたくさんあり、授乳口付きの授乳OKデザイン、マタニティ用、単品、セットなど色々な喪服・礼服が揃っています。

 

何といっても、16時までの注文なら即日発送可能!鳥取県県だと翌日午前中には到着するので、お急ぎの場合でも安心です。

 

返却の時はクリーニング不要で、同封されている着払い伝票で返却するだけでOK! コンビニからも発送できますし、集荷依頼をかければ自宅からも簡単に返却できますよ。

 

男性・女性ともに4,800円から3泊4日でレンタルする事が出来るので、かなり安いと思います。安いからといって質が悪い感じでもないので、安心ですね。

 

≫公式サイトはこちら

 

鳥取県で喪服・礼服がレンタルできる店舗一覧

鳥取県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

貸衣装店以外だと、葬儀屋さんでも喪服のレンタルサービスを行っている場合があります。

 

しかしその場合は葬儀屋に在庫があるのではなく、葬儀屋が提携している衣装やに頼んで・・・という感じになるので、値段は少々つり上げってしまいます。

 

しかもその葬儀社を利用した時しかレンタル喪服が利用できない可能性もあるので、確認が必要です。

 

もしかすると下記以外に、街の小さな貸衣装店や着物屋さんなどでブラックフォーマル・喪服などをレンタルできるかもしれませんが、私が調べたところはこんな感じでした。

 

公式サイトに載っていて分かる範囲は紹介していますが、公式サイトに載っていないレンタル方法の詳細は直接店舗にお問い合わせください。

 

ブライダル青木

鳥取市のレンタル衣装専門店です。花嫁衣装だけでなく、成人式振袖衣装、卒業式袴衣装、モーニング、留袖、礼服、ゲストドレスなど幅広く取り扱いがあります。場所は、鳥取市役所の本通りを挟んだ向かいにあります。

 

婚礼衣装や成人式の着物レンタルが中心ですが、礼服?喪服もレンタルできます。

 

予約なしでの来店でも大丈夫なようなので、急な場合でも対応してもらえるかもしれません。

 

住所:鳥取県鳥取市西町2丁目201
営業時間:10:00〜18:00 (木曜日定休)
電話番号:0857-22-4629
http://bridalaoki.jp/

 

むらまつ 米子店

米子市にある昭和37年創業の婚礼衣装を中心に貸衣装をしているお店です。桂由美のフランチャイズ店なので婚礼衣装が多いんですね!場所は、米子市の米子しんまち天満屋の第二駐車場の隣です。

 

紳士用礼服(ダブル・シングル)は6,000円〜レンタルできます。女性の喪服は、和装もブラックフォーマルも取り扱いはありません。

 

住所:鳥取県米子市西福原 3-3-1
営業時間:10:00〜18:00 (水曜日定休)
電話番号:0859-32-5555
http://muramatsu-inc.com/

 

貸衣裳いしい

倉吉市にあるの婚礼衣装を中心の貸衣裳店です。鳥取県では珍しい、小学校卒業式用の袴なんかも取り扱っているみたいです。

 

倉吉駅前にある山陰合同銀行倉吉駅前出張所の裏辺りにあります。

 

男性の礼服、女性の喪服がレンタルできますよ。

 

住所:鳥取県倉吉市上井町2-9-2
営業時間:10:00〜18:00 
電話番号:0858-26-2830
http://muramatsu-inc.com/

鳥取県ならではの葬儀・通夜のならわし・風習

通夜のことを「夜伽」と呼ぶ

鳥取県では、通夜のことを「夜伽(よとぎ)」と呼ぶことがあります。また、昔は通夜の時間をきちんと決めていなかったそうです。

 

これは島根県や岡山県でも呼ばれている呼び方です。

 

前火葬

米子市・鳥取市の一部地域では、火葬後にお通夜と告別式をする「前火葬」の風習があります。

 

なので葬儀の時は祭壇の真ん中にお骨がある状態です。

 

全国的には、故人の枕元に供える枕団子の数は6個なのですが、鳥取県では4個備えるのが普通です。枕団子とは言わず、「送り団子」と呼ぶのだそうです。

 

なぜ4かと言うと、4=死の連想だそうです。ちなみに全国的な6は、六地蔵からの連想だそうです。

 

葬儀に鉦(かね)を鳴らす

鳥取県の一部地域では、葬儀・告別式が終わる時に「二番鉦」、出棺の時に「寄せ鉦(よせがね)」という三番鉦を鳴らす風習があります。

 

鉦とは「かね」と読み、仏具の一種の打楽器です。

 

棺に人形を入れる

鳥取県倉吉市の伯耆地域では、友引の日に葬儀を行う場合、棺に人形を入れる風習があります。一般的には供人形と言われますが、こちらでは「まご」と呼ぶそうです。

 

そうれん

鳥取県の一部には、「そうれん」と呼ばれる柩に白いさらしの布を結びつけて引っ張る風習があります。

 

出棺の時に玄関から霊柩車までの距離を長めにとっておいて柩を移動するのですが、その時に柩に白いさらしの布を結びつけて、遺族の女性が持ち引っ張るのです。これは「善の綱」と呼ばれます。

page top