喪服レンタル 島根県

島根県で女性の喪服がレンタルできる店舗はない!

島根県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

私が調べたところだと、島根県に喪服レンタルできるお店は1店舗だけでした。

 

「むらまつ」という松江市にある婚礼衣装中心の貸衣裳店です。しかし喪服は男性の礼服のレンタルのみで、女性のブラックフォーマル・和装喪服のレンタルはできません。

 

そして島根県のレンタル喪服について調べると「アーベル」という会社が出てくるのですが、こちらはネット通販の喪服やスーツノレンタル業者でした。

 

会社が松江市にあるというだけで店頭に直接取りに行けるというわけではありません。発送のみになるようです。

 

ちなみに、女性は和装喪服だけで、女性のブラックフォーマルは取扱いがありませんでした。

 

というわけで、島根県で女性が喪服のレンタルをしようとなるとかなり困ってしまう感じです。男性も1店舗だけなので困ってしまうと思いますが・・・。

 

貸衣裳店ではなく、葬儀社が喪服のレンタルサービスをしていることも多いです。(島根県の葬儀社・葬儀場が全部できるというわけではないので要確認!)

 

しかしその場合は、その葬儀社や斎場を利用した場合しかレンタルを利用できないことも多いですので、更に確認が必要です。

 

その場合だと故人の親族向けのサービスになると思うので、一般の参列者は利用できないでしょうし。しかも葬儀社と貸衣装店が提携している形になるので、少し値段も高くなります。

 

料金やレンタル方法なんかも気になるところですが、レンタル料金云々ではなく島根県にはレンタルできるお店がないので、喪服レンタルならネット通販の方が良いでしょう。

 

 

 

『礼服レンタル.com』

喪服レンタルなら、『礼服レンタル.com』がおすすめです。

mofuku

 

男性用も女性用も大きいサイズ・小さいサイズがたくさんあり、授乳口付きの授乳OKデザイン、マタニティ用、単品、セットなど色々な喪服・礼服が揃っています。

 

何といっても、16時までの注文なら即日発送可能!島根県だと翌日午前中には到着するので、お急ぎの場合でも安心です。

 

返却の時はクリーニング不要で、同封されている着払い伝票で返却するだけでOK! コンビニからも発送できますし、集荷依頼をかければ自宅からも簡単に返却できますよ。

 

男性・女性ともに4,800円から3泊4日でレンタルする事が出来るので、かなり安いと思います。安いからといって質が悪い感じでもないので、安心ですね。

 

≫公式サイトはこちら

 
むらまつ 松江店

松江市にある昭和37年創業の婚礼衣装を中心に貸衣装をしているお店です。桂由美のフランチャイズ店なので婚礼衣装が多いんですね!

 

場所は、松江駅の北側の駅通りを西に行き、佐藤内科病院のある天神町交差点をさせつするとあります。

 

紳士用礼服(ダブル・シングル)は6,000円〜レンタルできます。女性の喪服は、和装もブラックフォーマルも取り扱いはありません。

 

住所:島根県松江市天神町 21
営業時間:10:00〜18:00 (水曜日定休)
電話番号:0852-24-2222
http://muramatsu-inc.com/

島根県ならではの葬式・通夜での習慣・風習

葬式で赤飯を食べる

島根県では、葬式の時にお赤飯を出します。なぜかというと、長寿を全うして大往生された故人へのお祝いだからです。

 

また、災いを福に転じさせるという「縁起直し」の意味もあってお赤飯を食べることもあるようです。

 

鳥居の色が赤色であるように、赤は古来より邪気を祓って厄を除ける力があるとされていますからね。

 

隣の県にお茶を買いに行く

島根県では、不幸があると「広島にお茶(あるいは綿)を買いに行く」という言い方をする場合があります。

 

なぜ広島かと言ううと、広島の厳島の弥山は霊の集まる霊場とされているから。広島県全体的な意味ではなく、厳島の弥山を指しているんですね。

 

忌中のしるし

松江市では、忌中のしるしとして家の門の両脇に竹を立てることがあります。

 

これはお正月の門松と同じ意味で、「門を清め、家の中に邪気が入るのを防ぐ」と言われているからです。

 

前火葬

大田市・出雲市・雲南市の一部地域では、火葬後にお通夜と告別式をする「前火葬」の風習があります。

 

なので葬儀の時は祭壇の真ん中にお骨がある状態です。

 

島根県の一部地域では、近隣の住民が葬儀の手伝いをする「組」という組織が残っています。

 

通夜のことを「夜伽」と呼ぶ

島根県では、通夜のことを「夜伽(よとぎ)」と呼ぶことがあります。また、昔は通夜の時間をきちんと決めていなかったそうです。

 

今の時代は葬儀場やホールで行われるっことも多いですが、昔jは自宅で葬儀を行うことが多かったため、きちんと時間を決める必要がなかったからだそうですよ。

page top