喪服レンタル 高知県

高知県レンタルできるお店はかなり少ない

高知県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

私が調べたところだと、高知県に喪服レンタルできるお店は1店舗だけしかありませんでした。

 

高知市のはりまや橋商店街の中にある「きものどころ片岡」という呉服屋さんのみです。

 

高知県内にはいくつか貸衣装店があるのですが、どこもウェディング・成人式振袖・七五三関連の衣装レンタルばかりになっていて、喪服を取り扱っているのは1店舗のみでした。

 

とは言っても唯一のこのお店も喪服のレンタル専門ではないので、特にレンタル料金が安いというわけではない感じですね。サイズも幅広くたくさんあるわけではないと思います。

 

しかも女性は和装着物のみなのでブラックフォーマルスーツをレンタルしたい人にはだめですね。

 

料金やレンタル方法なんかも気になるところですが、そもそも高知県にはレンタルできるお店が少ないので、高知県で喪服レンタルならネット通販の方が良いでしょう。

 

室戸市・安芸市・南国市・土佐市・須崎市・宿毛市・土佐清水市・香南市・佐川町・香美・いの町 ・その他の町の方も近くに喪服レンタルできるお店がないので、ネット通販でレンタルするのが良いですよ。

 

『礼服レンタル.com』

喪服レンタルなら、『礼服レンタル.com』がおすすめです。

 

礼服レンタル.com

 

男性用も女性用も大きいサイズ・小さいサイズがたくさんあり、授乳口付きの授乳OKデザイン、マタニティ用、単品、セットなど色々な喪服・礼服が揃っています。

 

何といっても、16時までの注文なら即日発送可能!高知県だと翌日午前中には到着するので、お急ぎの場合でも安心です。

 

返却の時はクリーニング不要で、同封されている着払い伝票で返却するだけでOK! コンビニからも発送できますし、集荷依頼をかければ自宅からも簡単に返却できますよ。

 

男性・女性ともに4,800円から3泊4日でレンタルする事が出来るので、かなり安いと思います。安いからといって質が悪い感じでもないので、安心ですね。

 

 

高知県で喪服・礼服がレンタルできる店舗一覧

高知県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

葬儀社が喪服のレンタルサービスをしていることも多いのですが、その場合はその葬儀社や斎場を利用した場合しかレンタルを利用できないことも多いですので、確認が必要です。

 

その場合だと故人の親族向けのサービスになると思うので、一般の参列者は利用できないでしょうし。しかも葬儀社と貸衣装店が提携している形になるので、少し値段も高くなります。

 

もしかすると下記以外に、街の小さな貸衣装店や着物屋さんなどでブラックフォーマル・喪服などをレンタルできるかもしれませんが、私が調べたところはこんな感じでした。

 

公式サイトに載っていて分かる範囲は紹介していますが、公式サイトに載っていないレンタル方法の詳細は直接店舗にお問い合わせください。

 

きものどころ片岡

はりまや橋商店街にある呉服店です。販売だけでなく、着物のレンタルもしています。

 

こちらでは男性用の略礼服(ダブル・シングル)、女性用和装喪服のレンタルも可能です。

 

料金は男性用の略礼服が6,000円、女性用和装喪服が絹10,000円・化繊7,000円になっています。

 

和装喪服は帯・帯揚・帯〆・帯枕・腰ひも・伊達〆・前板・バッグ・草履がセットになっています。

 

商品の受け渡しは店舗、配送、郵送のどれかになります。

 

住所:高知県高知市はりまや町1丁目6−17
営業時間:9:30〜18:30  (火曜 定休)
電話番号:088-883-3016
http://www.kimonodokoro-kataoka.jp/

高知県ならではの葬式の習慣・風習

羽織を振る

高知県の一部地域では、出棺時に羽織を振ることがあります。

 

柩に故人が愛用していた羽織を裏返しにして、さらに上下を逆さまにしてかぶせるのです。さらにその上に故人が愛用していた茶碗を乗せます。

 

そして玄関を出るときに、茶碗を割って羽織を3回振ります。(土佐では茶碗を割るときに「これでしもうた」と声に出して言います )

 

どちらも故人が現世への未練を絶てますように…という意味合いがあります。羽織を振るのは、故人が生前に神仏に願ったことを取り下げるためにするそうです。

 

この茶碗を割ることを「食絶ち」、羽織を振ることを「お願いほどき」「願ぶるい」、「棺ぶるい」と呼びます。

 

納棺までは生きている人として接する

高知県の一部地域では、納棺されるまでは故人を生きている人として接する風習があります。

 

納棺されるまでは、故人が日頃使っていた布団に寝かせて、いつものように挨拶をし、食事も朝、昼、晩、家族と同じように用意して枕元に運ぶのです。

 

土佐郡の一部では、故人に病人として接する地域もあります。これを 「養生見舞い」といい、三度の食事を用意して故人の好物などのご馳走を作って枕元に供えるのです。

 

さらに食事を供える際には、「起きてきて食べませんか」と声もかけるのですよ。

 

添い寝の風習

納棺までは生きている人として接すると紹介しましたが、添い寝の習慣もあります。出棺前の夜には枕を並べて一緒に寝るのです。

 

この添い寝には、故人の霊魂を肉親に継承させるためという説もあるようです。

 

柩に煮た大豆や小豆を入れる

高知県の一部地域では、故人の柩に大豆や小豆を煮てから入れる風習があります。

 

なぜ生の豆ではないかというと、芽(目)が出ないようにするためだそうです。(故人が柩の中で目を開けないように)迷わず成仏してくださいという願いが込められています。

page top