喪服レンタル 茨城県

便利な借り方は?

茨城県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

茨城県では、水戸市・神栖市・ひたちなか市・日立市・常陸太田市・土浦市に喪服のレンタルできる店舗がありました。と言っても1.2店舗ずつなので、県全体で考えてもかなり少ないです。

 

茨城県では人口のわりと多い、つくば市や古川市、取手市などに喪服レンタルができるお店が少ないのは意外でした!

 

茨城県全体で見ると貸衣装屋もいくつかあるのですが、ウェディング(婚礼)・成人式振袖・七五三関連の衣装レンタルばかりで、喪服を取り扱っているお店は少ないようですね。

 

つくば市・古川市・鹿嶋市・潮来市・行方市・竜ヶ崎市・下妻市・結城市・常総市・取手市・笠間市・石岡市・常総市・牛久市・その他市町では、喪服をレンタルできる店舗はありませんでした。

 

もしかしたら当サイトの調べきれていない貸衣装店があるかもしれませんが、きっと喪服のレンタル専門ではないのでサイズ・デザインも少ないでしょうし、安いわけではないと思います。

 

ということで茨城県で喪服をレンタルする際には、喪服レンタルならネット通販の方が良いでしょう。

 

料金やレンタル方法なんかも気になるところですが、レンタル料金云々ではなく県全体でレンタルできるお店が少ないですからね・・・。

 

『礼服レンタル.com』

喪服レンタルなら、『礼服レンタル.com』がおすすめです。

mofuku

 

男性用も女性用も大きいサイズ・小さいサイズがたくさんあり、授乳口付きの授乳OKデザイン、マタニティ用、単品、セットなど色々な喪服・礼服が揃っています。

 

何といっても、16時までの注文なら即日発送可能!茨城県だと翌々日には到着するので、お急ぎの場合でも安心です。

 

返却の時はクリーニング不要で、同封されている着払い伝票で返却するだけでOK! コンビニからも発送できますし、集荷依頼をかければ自宅からも簡単に返却できますよ。

 

男性・女性ともに4,800円から3泊4日でレンタルする事が出来るので、かなり安いと思います。安いからといって質が悪い感じでもないので、安心ですね。

 

≫公式サイトはこちら

 

茨城県で喪服・礼服がレンタルできる店舗一覧

茨城県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

貸衣装店以外だと、葬儀屋さんでも喪服のレンタルサービスを行っている場合があります。

 

しかしその場合は葬儀屋に在庫があるのではなく、葬儀屋が提携している衣装やに頼んで・・・という感じになるので、値段は少々つり上げってしまいます。

 

しかもその葬儀社を利用した時しかレンタル喪服が利用できない可能性もあるので、確認が必要です。

 

もしかすると下記以外に、街の小さな貸衣装店や着物屋さんなどでブラックフォーマル・喪服などをレンタルできるかもしれませんが、当サイトが調べたところはこんな感じでした。

 

公式サイトに載っていて分かる範囲は紹介していますが、公式サイトに載っていないレンタル方法の詳細は直接店舗にお問い合わせください。

 

冠婚葬祭 K-style 滝田感動サービス

水戸市でレンタル喪服&出張着付けなどをしているお店です。

 

女性用の和装喪服・ブラックフォーマルのレンタルができます。

 

和装喪服は15,750〜21,000円(M・L・2Lサイズ以上)、ブラックフォーマルはバッグ付きで10,500円になります。

 

住所:茨城県水戸市上国井町135−2
営業時間:24時間対応
電話番号:090-4531-8415
https://kankonsousai-k-style.on.omisenomikata.jp/

 

着楽-kiraku

水戸市でレンタル喪服・古着販売・買取などをしているお店です。

 

女性用の和装喪服のレンタルができます。

 

和装喪服は喪服+帯+長襦袢他 全15点フルセットで、15,000〜20,000円(S、M、L、2Lサイズ)になります。茨城県内出張着付け可です。

 

返却は着払いになるので無料ですよ。

 

住所:茨城県水戸市城南3丁目9-25
営業時間:24時間対応
電話番号:029- 226-3086
https://kankonsousai-k-style.on.omisenomikata.jp/

 

レンタル・ブティック・フリージア

水戸市の貸衣装店です。

 

喪服のレンタルもできます。

 

住所:茨城県水戸市城南2丁目6−13
営業時間:10:00〜18:00
電話番号:029-225-5432
https://kankonsousai-k-style.on.omisenomikata.jp/

 

エール

神栖市の貸衣装店です。

 

女性用の和装喪服(単衣・絽)のレンタルができます。料金は、2泊3日で10000円です。

 

住所:茨城県神栖市平泉東一丁目64番地172
営業時間:10:00〜18:00 (水曜定休)
電話番号:0299-91-0877
http://www.bridal-yell.com/

 

貸衣裳の東野屋

ひたちなか市にある婚礼や振袖中心の貸衣装店です。

 

女性用の和装喪服のレンタルができます。

 

住所:茨城県ひたちなか市東本町13-4
営業時間:9:30〜18:00
電話番号:029-263-4117
http://hitachinaka-eshop.com/shop.php?shop_id=143

 

ひたちなかの美容室かとう

ひたちなか市にある美容室ですが、衣装レンタルのサービスもあります。

 

住所:茨城県ひたちなか市馬渡2525−115
営業時間:9:00〜18:00
電話番号:029-273-7289
http://www.beauty-kato.com/index.html

 

千成屋

ひたちなか市にある卒業袴や振袖中心の貸衣装店です。

 

女性用の和装喪服のレンタルが、2泊3日15000円でできます。冬用と夏用が3着ずつありますよ。

 

住所:茨城県ひたちなか市馬渡3912-1
営業時間:9:30〜18:00
電話番号:029-263-4117
http://hitachinaka-eshop.com/shop.php?shop_id=143

 

RENTAL BOUTIQUE いのうえ (きもの舘「志お屋」)

日立市にある婚礼や振袖中心の貸衣装店です。

 

女性用の和装正絹の喪服、ブラックフォーマルのレンタルができます。

 

和装喪服は足袋と肌着以外のフルセットでS、M、L、LL、LLLのサイズがあり15000円、ブラックフォーマルは7〜19号サイズがあり8000円になります。

 

130〜150センチの子供用ブラックフォーマル(靴付き)のレンタルもあり、5000円になります。

 

住所:茨城県日立市千石町1−11−18
営業時間:10:00〜19:00 (木曜定休日)
電話番号:0294-35-5060
http://hitachinaka-eshop.com/shop.php?shop_id=143

 

DAMA HAIR (ダマヘアー)

常陸太田市の美容室ですが、貸衣装のサービスもあります。

 

男性用の礼服、女性用のブラックフォーマルのレンタルができます。

 

男性用の礼服は単品で7240円・フルセットで8540円、女性用ブラックフォーマルは単品で7240円・フルセットで8540円になります。

 

基本レンタル期間は3泊4日で利用日の翌日12時までにに返却になります。

 

住所:茨城県常陸太田市内堀町3456
営業時間:10:00〜20:00 (火曜定休日)
電話番号:0294-72-2499
http://dama.vc/kasiisyo/

 

ブライダルカシマ

神栖市に2店舗ある貸衣装店や写真館、美容室などのサービスもあるお店です。

 

男性用・女性用の喪服のレンタルができます。

 

【神栖店】
住所:茨城県神栖市日川4400
営業時間:9:30〜18:30 (火曜定休日)
電話番号:0299-96-1797
http://dama.vc/kasiisyo/

 

【波崎店】
住所:茨城県神栖市波崎8787
営業時間:9:00〜18:30 (火曜定休日)
電話番号:0479-44-1797
http://dama.vc/kasiisyo/

 

芦田ブライダル

土浦市にある婚礼衣装中心の貸衣装店です。

 

喪服のレンタルもできます。

 

住所:茨城県土浦市桜町3-14-26
営業時間:10:00〜20:00 (火曜定休日)
電話番号:029-823-4378
http://www.ashida-bridal.com/index.html

 

 

 

 

 

茨城県ならではの葬儀・通夜での風習

撒き銭

茨城県の一部地域では、出棺の時に参列者に小銭を半紙にくるんだものをばら撒くことがあります。高齢者のお葬式で見られる風習です。

 

撒き銭を拾うと、故人同様に長生きができると縁起が良いと言われています。

 

七日ざらしの風習

故人の着物や来ていた衣服を、家の裏に北向きで干して水をかけて常に濡れた状態にしておく「七日ざらし」という風習があります。

 

神道の考え「死の穢れを清める」から生まれた風習です。

 

ざるを箒で掃き出す

葬儀や告別式を行った部屋で、出棺の時や出棺の後に、竹ざるを転がしてほうきで庭に掃き出す「ざるころがし」というしきたりがあります。

 

ざるは漏れが多いものなので「魔をざるの目から退散させる」という意味からできた風習のようです。

 

柩を回す

庭か墓の前で、棺を3回または3回半左回りに回す「柩廻し」という風習があります。

 

これは故人の霊が戻って来ないように、方向感覚を狂わせるためといわれています。

 

ざるころがしの風習と同様で、不幸が続かないことを願っているそうです。

 

香典を3回出す

茨城県の南の一部地域では、故人が亡くなるとすぐに赤いのし袋に「病気見舞」と書いて渡し、通夜の際は「通夜見舞い」、葬儀では通常の香典の計3回の香典をわたすことがあります。

 

鰹節を食べる

葬式に参列した人が帰宅する際に玄関先でお清めの塩をかけるのは全国でもある習慣ですが、水戸市などの一部地域では、鰹節を清めの塩と一緒に食べるしきたりがあります。

 

鰹節は食べたり塩のように体に掛けるたりと、地域によって異なります。

 

page top