喪服レンタル 長崎県

レンタルできるお店自体が少ない長崎県

長崎県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

級でも小さいほうな長崎県なのでそんなにお店はないよな・・・と期待はしていなかったのですが、思ったよりも少なかったです!

 

私が調べたところ、長崎市・諌早市・東彼杵郡川棚町に喪服のレンタルサービスがありました。

 

振袖中心の貸衣装店に喪服がちょこっとあったり、葬儀社だったり、喪服のレンタル専門ではないので、特にレンタル料金が安いというわけではない感じですね。

 

しかしレンタル料金云々ではなくレンタルできるお店自体が少ないので、長崎県で喪服レンタルならネット通販の方が良いでしょう!

 

『礼服レンタル.com』

喪服レンタルなら、『礼服レンタル.com』がおすすめです。

 

礼服レンタル.com

 

男性用も女性用も大きいサイズ・小さいサイズがたくさんあり、授乳口付きの授乳OKデザイン、マタニティ用、単品、セットなど色々な喪服・礼服が揃っています。

 

何といっても、16時までの注文なら即日発送可能!長崎県だと翌日午前中には到着するので、お急ぎの場合でも安心です。

 

返却の時はクリーニング不要で、同封されている着払い伝票で返却するだけでOK! コンビニからも発送できますし、集荷依頼をかければ自宅からも簡単に返却できますよ。

 

男性・女性ともに4,800円から3泊4日でレンタルする事が出来るので、かなり安いと思います。安いからといって質が悪い感じでもないので、安心ですね。

 

 

長崎県で喪服・礼服がレンタルできる店舗一覧

長崎県で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

貸衣装店以外だと、葬儀屋さんでも喪服のレンタルサービスを行っている場合があります。

 

しかしその場合は葬儀屋に在庫があるのではなく、葬儀屋が提携している衣装やに頼んで・・・という感じになるので、値段は少々つり上げってしまいます。

 

しかもその葬儀社を利用した時しかレンタル喪服が利用できない可能性もあるので、確認が必要です。

 

もしかすると下記以外に、街の小さな貸衣装店や着物屋さんなどでブラックフォーマル・喪服などをレンタルできるかもしれませんが、私が調べたところはこんな感じでした。

 

公式サイトに載っていて分かる範囲は紹介していますが、公式サイトに載っていないレンタル方法の詳細は直接店舗にお問い合わせください。

 

長崎新生活センター (法倫會館)

長崎県長崎市に本部のある冠婚葬祭全般のサービスをしている会社です。葬儀場の運営や葬儀サービスなどの他に、喪服のレンタルサービスもしています。長崎市・諫早市・佐世保市などにも葬儀場があります。

 

和装喪服、ブラックフォーマル(7〜21号)、男性用礼服スーツ(Y体〜O体)がレンタルができます。

 

和装喪服は着物・帯・長襦袢・腰紐・前板・伊達締め・帯揚げ・帯〆・襟芯・コーリンベルト・草履・バックがセットになっています。

 

住所:長崎県長崎市茂里町 3番31号
電話番号:095-849-4000
http://www.ho-rin.jp/sousai-1/mofuku.html

 

中村貸衣装店

長崎市の住吉停留場から徒歩6分ほどお場所にある貸衣装店です。

 

女性用の和装喪服・ブラックフォーマル、男性の略礼服がレンタルできます。女性用の和装喪服は8,000円、ブラックフォーマルは8,000円、男性の略礼服は7,000円になります。

 

長崎県内なら発送もしてもらえて、着付けは無料になります。

 

住所:長崎県長崎市花丘町4−17
電話番号:095-844-4207

 

ドリーム

長崎市の住吉停留場から徒歩6分ほどお場所にあるフォトスタジオ・貸衣装店です。

 

女性用の和装喪服が、ぞうり、バック、足袋セットになって3.000円でレンタルできます。安い!基本的には2泊3日の期間ですが、延長も相談すれば承ってくれるみたいです。

 

住所:長崎県諌早市多良見町化屋1393-80
電話番号:0957-43-0742
http://dream.tsdnt.com/bottom.html

 

グランジュール

東彼杵郡川棚町にある貸衣装のお店です。婚礼衣装中心の貸衣装店ですが、喪服のレンタルもできます。

 

場所は、川棚駅から東(佐世保と反対方向)に行くとマツダやマルキョウがあるので、その向かいになります。

 

女性用の和装喪服・ブラックフォーマル、男性の略礼服がレンタルできます。女性用の和装喪服は8,000円、ブラックフォーマルは8,000円、男性の略礼服は7,000円になります。

 

長崎県内なら発送もしてもらえて、着付けは無料になります。

 

住所:長崎県東彼杵郡川棚町百津郷400?5
電話番号:0956-833-530
http://www.hanayome.info/

長崎県ならではの葬式・通夜での習慣

通夜は質素に行なわれる

東日本では参列者を含め盛大に飲食し、西日本では遺族と近親者のみで飲食する「通夜振る舞い」があります。

 

長崎県の場合は、通夜は静かに行われるのが一般的。なので飲食も魚や寿司などが出されることは珍しく、亡くなった人と静かに最後の時を過ごすため控えめな通夜が行なわれています。

 

ごく一部に通夜がないという地域があるようです。

 

お目覚まし

長崎県島原全域ではかつて、「通夜見舞い」として5合〜1升の米を近隣の人が持ち寄る習慣がありました。これは「御目覚まし」とも呼ばれます。

 

最近は、米の代わりに「御目覚まし」と書かれた封筒に、800〜1,000円のお金を入れて持っていく人もいます。

 

また焼香の際に「焼香銭」として、祭壇の前づけの上や受け盆に小銭を置く風習があります。葬儀社によってはさい銭箱を用意しているところもあるそうですよ。

 

水かけぎもん

長崎県の島一部地域には、「水かけぎもん」「逆さぎもん」という風習があります。

 

故人の着物や衣服を裏返しにしてつるして、7日間は水をかけて常に濡らしておきます。死の穢れを水で清めるといういわれからの風習のようです。

 

火葬場へ行くときに白い三角布を着ける

長崎県の一部地域では、火葬場へ行くときに遺族が額に白い三角布を着けます。

 

この白い三角の布は「天冠(てんかん)」または「宝冠(ほうかん)」と呼ばれる死装束のひとつ。

 

白い布を身に付けて白装束の故人と同じ格好になることであの世の境までは一緒に見送るけれど、「その先は一人で」という意味があるそうです。

 

ちなみに白という色はこの世とあの世を結ぶ霊界の象徴とも考えられていますよ。

 

柩を回して出棺

西日本各地で見られる風習でもありますが、長崎県でも柩を回す風習があります。

 

「三度回し」「柩回し」と呼ばれるものであり、出棺の時に近親者で柩を3度回します。これによって故人の方向感覚を無くし、家に戻れないようにするためです。「迷うことなく冥土へ赴き、成仏してほしい」という意味合いがあるのですよ。

 

茶碗割りの儀式

出棺の際に遺族によって故人の茶碗を割る「茶碗割りの儀式」が行われる地域もあります。

 

「あなたが日常的に使用していた茶碗はもう無いので、迷わず成仏して下さい」という意味で、故人がこの世への未練を絶ちあの世へ行けるように・・・との願いが込められているそうです。

 

三日参り

告別式が終わった翌日などに再度お寺を訪れることで、通夜や葬儀のお礼なとをお寺に対して行う「三日参り」があります。

 

地域によっては、骨揚げを行ってそのままお寺を訪れて三日参りを行うというところもあります。

 

この三日参りの時に供養のための読経をしてもらうこともあるれば、初七日の法要について相談することもあります。三日参りと初七日を一度に行うこともあります。

 

三日参りの法要では、豪華な御膳などは準備せず、軽いお菓子程度で行います。

page top