喪服・礼服レンタル 北海道

北海道はどこでレンタルできるのか?

北海道で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

私が調べたところ、札幌市には、いくつか喪服のレンタルができるお店がありました。

 

その他だと旭川市、釧路市、岩見沢市、函館市、北見市の北海道ではわりと大きな市にも1つ2つずつ、あとは常呂郡にありました。

 

もしかすると下記以外に、街の小さな貸衣装店や着物屋さんなどでブラックフォーマル・喪服などをレンタルできるかもしれませんが、私が調べたところはこんな感じでした。

 

ほとんどは振袖中心の貸衣装店に喪服がちょこっとあったり、写真スタジオで貸衣装サービスも少ししていたり・・・という感じでした。

 

どちらにせよ喪服のレンタル専門ではないので、特にレンタル料金が安いというわけではない感じですね。

 

葬儀社が喪服のレンタルサービスをしていることも多いのですが、その場合はその葬儀社や斎場を利用した場合しかレンタルを利用できないことも多いですので、確認が必要です。

 

その場合だと個人の親族向けのサービスになると思うので、一般の参列者は利用できないでしょうし。しかも葬儀社と貸衣装店が提携している形になるので、少し値段も高くなります。

 

『礼服レンタル.com』

喪服レンタルなら、『礼服レンタル.com』がおすすめです。

 

礼服レンタル.com

 

男性用も女性用も大きいサイズ・小さいサイズがたくさんあり、授乳口付きの授乳OKデザイン、マタニティ用、単品、セットなど色々な喪服・礼服が揃っています。

 

何といっても、16時までの注文なら即日発送可能!北海道だと3日後には到着するので、お急ぎの場合でも安心です。

 

返却の時はクリーニング不要で、同封されている着払い伝票で返却するだけでOK! コンビニからも発送できますし、集荷依頼をかければ自宅からも簡単に返却できますよ。

 

男性・女性ともに4,800円から3泊4日でレンタルする事が出来るので、かなり安いと思います。安いからといって質が悪い感じでもないので、安心ですね。

 

 

北海道で喪服・礼服がレンタルできる店舗一覧

北海道で喪服・礼服をレンタルできる店舗を紹介します。

 

貸衣装店意外だと、葬儀屋さんでも喪服のレンタルサービスを行っている場合があります。

 

しかしその場合は葬儀屋に在庫があるのではなく、葬儀屋が提携している衣装やに頼んで・・・という感じになるので、値段は少々つり上げってしまいます。

 

しかもその葬儀社を利用した時しかレンタル喪服が利用できない可能性もあるので、確認がいつ用です。

 

もしかすると下記以外に、街の小さな貸衣装店や着物屋さんなどでブラックフォーマル・喪服などをレンタルできるかもしれませんが、私が調べたところはこんな感じでした。

 

公式サイトに載っていて分かる範囲は紹介していますが、公式サイトに載っていないレンタル方法の詳細は直接店舗にお問い合わせください。

 

札幌市
貸衣裳のやしま

丘珠空港通り沿いにある貸衣装店です。栄西交番の向かいにある1Fに多田歯科医院のあるマンションの6Fです。

 

詳細は分かりませんが、公式ホームページに喪服がレンタルできると記載がありました。

 

住所:北海道札幌市東区北41条東4丁目2-16-603
電話番号:011-721-9312
https://yashima-clothes.jimdo.com/

 

絹裳 (けんしょう)

札幌市内に3店舗ある貸衣装店です。本店は札幌新道沿い、手稲店はJR手稲駅前の北洋銀行の向かい、厚別店は厚別中央通り沿いで共栄小学校向いにあります。

 

婚礼や振袖の貸衣装が中心ですが、喪服もレンタルできます。女性の和服 8,400円、洋服 5,250円、男性の礼服は5,250円になります。

 

〜本店〜
住所:北海道札幌市北区北34条西3丁目1-2
電話番号:011-716-4473

 

〜手稲店〜
住所:北海道札幌市手稲区前田2条11丁目2-17
電話番号:011-683-7248

 

〜厚別店〜
住所:北海道札幌市厚別区厚別南2丁目16-2
電話番号:011-801-4483

 

http://www.rental-kenshou.com/

 

レスポアール

羊ヶ丘通り沿いにある写真スタジオです。ウェディングフォトの札駅撮影ができるフォトスタジオや美容室があるお店ですが、貸衣装もしていて喪服のレンタルもできます。

 

男性の礼服は2泊3日で5,500円〜7,500円デレンタルできます。公式ホームページには「女性女性20,000円〜」となっているので、和装がレンタルできるのだと思います。

 

最短当日レンタル可能で、来店→試着→裾直し(30〜40分程)→お着替えorお渡し の順番になります。

 

住所:北海道札幌市清田区清田3条2丁目12-13
電話番号:011-721-9312
営業時間:9:00〜1800 (火水定休日)
https://www.l-espoir.co.jp/index.html

 

ヤサカ

円山公園駅から徒歩7分くらいの場所にある、裏参道にある貸衣装店です。

 

詳細は分かりませんが、公式ホームページに喪服(和装・洋装)がレンタルできると記載がありました。

 

住所:北海道札幌市中央区南2条西22丁目1−43
電話番号:011-621-8151
営業時間:9:00〜1800 (火水定休日)
http://www.yasaka-inc.jp/index.html

 

旭川市
駒屋 本店

旭川市豊岡のミワサホームの交差点にある、婚礼・振袖中心の貸衣装店です。

 

女性の和装喪服、ブラックフォーマル、男性用礼服がレンタルできます。

 

着物・長襦袢・帯・帯揚げ・帯締め・紐4本・襟芯・伊達締め・帯枕・帯板。コーリンベルトがセットになって交織は10000円、正絹は15000円、ブラックフォーマルは8000円(7〜17号)、礼服は8000円になります。

 

受け渡し・返却は店頭になります。

 

住所:北海道旭川市豊岡1条3丁目4-17
電話番号:0166-33-8841
営業時間:9:00〜18:00
http://www.yasaka-inc.jp/index.html

 

岩見沢市
駒屋 岩見沢店

ホテルサンプラザの2Fにある、裏参道にある婚礼・振袖中心の貸衣装店です。

 

女性の和装喪服、ブラックフォーマル、男性用礼服がレンタルできます。

 

着物・長襦袢・帯・帯揚げ・帯締め・紐4本・襟芯・伊達締め・帯枕・帯板。コーリンベルトがセットになって交織は10000円、正絹は15000円、ブラックフォーマルは8000円(7〜17号)、礼服は8000円になります。

 

受け渡し・返却は店頭になります。

 

住所:北海道岩見沢市4条東1丁目6-1 北海道グリーンランドホテルサンプラザ2F
電話番号:0126-23-3977
営業時間:9:00〜18:00
http://www.yasaka-inc.jp/index.html

 

釧路市
青山写真館&貸衣裳部

釧路がん検診センターの近くにある貸衣装店です。

 

詳細は分かりませんが、喪服がレンタルできますよ。

 

住所:北海道釧路市愛国東2丁目7-8 
電話番号:0154-36-5801
営業時間:9:00〜18:00

 

もりよしブライダル

釧路駅の近く、ラスティングホテルの並びにある貸衣装店です。ブライダルの貸衣装だけでなく、その他の衣裳もレンタルもできます。

 

喪服だと、男性の礼服、女性の和装喪服・ブラックフォーマルのレンタルができます。

 

礼服は6000円、和装喪服は着物・帯・帯揚・帯締・草履・バック・がセットで6000〜20000円(M〜3L)、ブラックフォーマルは6000円(7〜17号)になります。

 

住所:北海道釧路市若松町4-3
電話番号:0154-23-0707
営業時間:-

 

函館市
平安システム

函館市で葬儀場や結婚式場など冠婚葬祭全般のことを運営している会社です。

 

貸衣装部門があり、男性の礼服、女性の和装喪服・ブラックフォーマルのレンタルができます。

 

礼服は7200円〜、和装喪服は着物・長襦袢・帯・帯揚・帯締・草履・バック・長襦袢衿芯がセットで7,200円〜、ブラックフォーマルは12,000円〜になります。

 

互助会の会員であれば割引価格でレンタルすることができますよ。

 

住所:北海道函館市海岸町10番19号
電話番号:0138-62-5700
営業時間:9:00〜18:00

 

北見市
まるみ衣裳店

函館市で葬儀場や結婚式場など冠婚葬祭全般のことを運営している会社です。

 

貸衣装部門があり、男性の礼服、女性の和装喪服・ブラックフォーマルのレンタルができます。

 

男性の礼服は5,250円〜6,300円、女性の和装喪服は長襦袢・帯・帯〆・帯揚・草履・バックがセットで8,400円〜10,500円、ブラックフォーマルは5,250円〜8,400円になります。ブラックフォーマルは夏物やマタニティ用もあります。

 

住所:北海道北見市北4条西5-9
電話番号:0157-24-9437 
営業時間:9:00〜18:00 (水曜定休)
公式サイト:https://www.marumi-bridal.co.jp/

 

 

フォトスタジオ山口市
まるみ衣裳店

常呂郡置戸町にあるフォトスタジオです。写真の撮影だけでなく、衣装レンタルもしています。

 

喪服のレンタルもできますよ。

 

住所:北海道常呂郡置戸町113番地
電話番号:0120-416-410
営業時間:9:00〜19:00 (水曜定休)
公式サイト:http://yamasta.com/

北海道ならではのお葬式の風習

香典に領収書が出る

北海道の葬儀では、お香典を渡すと領収書が発行されます。香典を渡す時に金額を確認された上で、参列者の名前が書かれた但し書きが「香典代として」になっている領収書をもらえます。

 

香典返しがない

一般的な香典返しがなく、お礼として海苔・お茶など300円〜1,000円程度の粗品を渡されます。ホクレン発行の牛乳券なんかもあるんだとか。

 

開拓時代の「相互扶助」の精神が残る北海道ならではの、半返しでなく気持ち程度のお返しのようですね。

 

葬儀より火葬が先

根室地方や北海道南部ではでは、葬儀より先に火葬がされます。後火葬と言われるものですね。

 

これは、昭和29年の洞爺丸台風で多数の死者が出たときに、夏場の暑い盛りにご遺体の処理が間に合わず先に火葬を行ったから、と伝えられていりそうです。

 

通夜で親戚一同で記念撮影

祭壇の前でなんと親戚一族が記念写真を撮ります。結婚式のように写真やさんも準備していることもあります。

 

北海道という広大な地域なので親戚全員集まる事が少ないから・・・ことから始まった習慣かもしれませんね。

 

霊柩車が無い

告別式終了後、霊柩車を先頭にマイクロバスが続き火葬場に行くのが一般的です。

 

しかし北海道では遺族たちの移動に使用するバスに棺を納めるスペース(マイクロバスの下)があるので、霊柩車を使用しない場合もあります。

 

新聞のお悔やみ欄に載るのは無料

相互扶助の観点からなのか、新聞に通夜告別式の日程が載ります。亡くなった方のお名前をはじめ、葬儀日程・式場・喪主名などが載っているので、それを見て、ご近所の方や知人が亡くなったことを知り、お通夜や葬儀に参列したりします。

 

全国的には有料の倍がおおいですが、北海道では無料なのですよ。

 

法事の時は黒飯

黒豆をいれ、色をつけずに蒸かした「黒飯」を法事の時に食べます。慶事には赤飯(せきはん)、弔事には黒飯(こくはん)という感じですね。

page top